映画「キングダム・オブ・ヘブン」感想 レビューと情報

[ HOME ]>>[ 映画感想・DB ]>> 作品タイトル >> キングダム・オブ・ヘブン




■キングダム・オブ・ヘブン

恐れず敵に立ちむかえ 死を恐れず真実を語れ 弱者を守り正義に生きよ

キングダム・オブ・ヘブン 日本公開日:2005/05/14 
「キングダム・オブ・ヘブン」の劇場検索映画チケット予約
  • 公式サイト:〔日本公式サイト〕 〔アメリカ公式サイト〕 〔フランス公式サイト〕 〔イギリス公式サイト〕 〔ドイツ公式サイト〕 〔スイス公式サイト〕 〔スウェーデン公式サイト
  • 監督:リドリー・スコット/
  • キャスト:オーランド・ブルーム/エヴァ・グリーン/リーアム・ニーソン/ジェレミー・アイアンズ/エドワード・ノートン/デヴィッド・シューリス/ブレンダン・グリーソン/マートン・ソーカス/ハッサン・マスード/アレクサンダー・シディグ/ヴェリボール・トピッチ/ジョン・フィンチ/イアン・グレン/マイケル・シーン/


  • 映画「キングダム・オブ・ヘブン」の動画・画像の検索

    ■■もっと大きく見たい時は>キングダム・オブ・ヘブン・ギャラリー

    ■Yahoo!で「キングダム・オブ・ヘブン(Kingdom of Heaven)」を検索■
    ウェブ】 【音声】 【画像】 【動画】 【ニュース】 【ブログ

    ■Googleで「キングダム・オブ・ヘブン(Kingdom of Heaven)」を検索■
    ウェブ】 【画像】 【動画

    ■YouTubeで「キングダム・オブ・ヘブン(Kingdom of Heaven)」を検索■
    動画


    映画「キングダム・オブ・ヘブン」感想 レビュー

    コメント(予告編)/.★★★☆.
    ここ最近で一番ストレスの溜まった作品。
    主義主張が合わないというわけでもなく、完全に出来が悪いと言うわけでもなく、何処に引っかかればいいのかと二時間戸惑いっぱなしでした。
    金と時間の無駄とも思わなかったし、観て損はしていないと思う。
    ★★★よりは確かに楽しめたのですがでも★★★☆かというと…非常に厳しい。余り楽しめなかったけれど、観る価値があった『アビエイター』と同じにするのは一寸…。〔長文レビュー有!

    映画「キングダム・オブ・ヘブン」鑑賞分類

    この作品を知ったときの第一印象。「オーランドまた鍛冶屋かよ…(苦笑)」
    というのはさておき、監督があの「グラディエーター」のリドリー・スコットだったんですね。なんとも…何処をメインに持ってきているのが微妙な予告編。でもきっと観にいきます。その前に、私が変な先入観を持たないで観る事ができるかどうかが不安。

    映画「キングダム・オブ・ヘブン」ストーリー

    物語の主人公は若く美しい鍛冶屋のバリアン。実は勇敢な騎士ゴッドフリーの息子であることを知ったバリアンは、<キングダム・オブ・ヘブン(天国の王国)>を作りたいという実の父の理想を受け継ぎ、エルサレム王に忠誠を誓い、十字軍の騎士としてフランスから遠く離れたエルサレムへ戦いの旅に参じることになる。

    原作/ノベライズ
    キングダム・オブ・ヘブン 公式完全ガイド
    三沢 洋 アスペクト

    映画「キングダム・オブ・ヘブン」スタッフ・キャスト・その他情報

    備忘録

    -

    映画「キングダム・オブ・ヘブン」の映画関連商品の検索

    ヤフーショッピングの

    アマゾンの を検索

    楽天市場で
    [ back ] [▲top




    検索一覧

     

    詳細検索
    第一検索条件
    :
    第二検索条件
    :

    Database Factory Ver 3.0